2013.01.27.23:39
きみの名は
さて、わさびが来てまる一日が経過しました。




今朝は朝の5時すぎに、はちの絶叫で目覚め(ご飯よこせー!!絶叫だった…)、二度寝しようとしたらわさびが顔や髪の毛をベロベロ舐めまわし…





ところでリティんちのジィやさんにも誉められちゃいましたが、我が家の犬猫のネーミングはすべてわたしです。



でもルールがあります。


1.一度使った名前は使わない

2.親しみやすい名前にする



このふたつ。

1はいいとして、2はけっこう漠然としているのですが、実は簡単。


両親が一発で覚えられればOK(爆)







なんでもおもちゃ…
コンデジのストラップが楽しいらしい…





たとえばたま子の場合は「ぽち」という猫がいたから「たま」。でもそのままではあんまりなので(苦笑)、「子」を足して「たま子」。




こはるは当時わたしが遊んでいたゲームの主人公につけた名前「ハル」からで、そのままでは女の子らしくないので「こはる」に。

あの時はちび太が急死したばかりで家の中が暗くて重い雰囲気にもなっていたので、「春」のような明るさもほしくて…という意味もありました。


猫のはちは渋谷で拾ったから。






両親は横文字が苦手だそうで、ひらがなの名前ばかりになっています。








トイレもちゃんとね
猫のトイレのしつけは簡単♪






横文字の場合は3文字くらいまでかな~。


物の名前とかじゃないと却下されます(笑)





わさびの場合、いろいろ考えたんです。


新潟からやってくるので雪に関係した名前にしようと思ったのですが…


昔、「ユキ」という柴犬を飼っていたので「ユキ」は論外。

「小雪」にしようかと思ったらば、そんな女優さんがいたんでやめて…。

ほかにもいろいろと雪に関する名称などをチェックしましたが、どれもイマイチ。

生後3か月になる前に引き渡されるというのがわかっていたので、逆算して秋生まれだから秋に関する名前も検討したけれど、イマイチ。

苦し紛れに白いから豆腐っぽい名前も候補に挙がったけど…(笑


んで、前々からつけてみたいと思っていたスパイスや薬草の名前にしようと思ったのですよ。








沈没寸前
部屋中を駆け回って遊んで疲れて…沈没寸前。





でもそこは我が家の猫ですから、ミントとかラベンダーとかそんなかわいらしい名前では当たり前すぎる。


ローズマリーは…まずいっしょ(笑)


そういえばこのあたりの名産品のひとつに「わさび」があったなー…








ということで「わさび」になりました(笑)




「わさびって名前です」というと「ぷっ」と笑われるけど、お蔭で一発で覚えてもらえます♪









撃沈!





ちなみに女の子で、もうすぐ生後3か月です。今更ですが(笑)










↓ポチッとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ シベリアンハスキーへ
にほんブログ村

管理者だけに観覧