--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すでにあれから一カ月経っちゃいましたな…。





すごーく昔のことだったようにも思えるし、つい二、三日前のことのようにも思える不思議な感覚のままです。






楽しかったのは事実ですけどね(笑)










で、この日はメインイベントのショーです。





とはいえ、わたしはショーのことはあまりよくわからないし、IWのこと自体も勉強中の身でましてや海外の状況などは全然わからないので、雰囲気だけでも…。

あとはどれがどのリンクでどの犬だかわからない画像を大量生産してしまったのでわからんのです(汗)



ショーの詳しい結果などはulliboさんのブログでどうぞ。
とってもくわしく載ってます。さぞ大変だったでしょうに…











ショー会場のVingsted Centerはスポーツ複合施設みたいで、サッカー場やテニスコート、さらにはクレー射撃場もありました。




その中でもこんなステキな場所でショーです。











小さな花が咲くステキなリンク





ふだん国内の味気ない室内の会場しか知らないわたしにはとても新鮮でした。






屋外だから臭いもこもらないし、吠え声も気にならないしね(そもそもほとんど吠えないけど)





解放感もあるしね~。









さてショーです。




わたしたちはテキトーに散らばってめいめい好きな場所に陣取って見学しました。





わたしはNさんやTAKA3さんと一緒にまずはパピークラス、ジュニアクラスを見学しました。












ジュニアクラス 呼ばれて並んでみた






ひろーいリンクだけど、エントリー数が多いと…








でもすぐに半分はリンクの外へ





ちゃんといるかどうかの確認が終わるとリンクの外に出されます(笑)





この時はリンクとリンクの間の通路に待機していたけど、もっと数の多いクラスだと

「はい、一旦帰って~!!」


と戻されていました(笑)

もちろん後でまた呼び出されますが、強い日差しと気温で犬も人もバテバテになってしまうし、なんといっても邪魔になりますしね~。










飽きてきました(笑)







ジュニアクラスなんで、出ている子たちも初々しくてその緊張が伝わってくるようでした。



飽きちゃう子もけっこういたし…






この子はちょっとシャイでした




この子はちょっとシャイで、ジャッジに触られるのを嫌がって結局失格かなにかになってしまいました。













こうやって呼び出されて…



呼び出されて並んだIWたち





時には呼ばれても出てこない子もいました。









ずらりと並ぶと壮観です



ずらりと並ぶ








番号をチェックされて…







時には半分が帰されて、やっと審査です。







じっくり見ています












審査中。




一頭ずつ、呼ばれて…










しっかり触って




しっかり歯や骨格などをチェックされて…





ロベールさんとダチンカ







時には何度も走らされて…







※これはジュニアクラスで、一頭ずつではなく全員での動画です



その後で今度は…





じっと待つ…






テントの中にタイピストが待機してて、ジャッジの口述筆記をしています。


これがすぐに参加者に渡される仕組みになっていたそうです。






なので一頭一頭とても時間がかかるのです~。










わたしたちもショーばかりではなく、まわりも探索(笑)







かわいいでしょ~





みなさん、気軽に写真を撮らせてくださいます。






親子だったか…なんだったか…






かわいいでしょ?








飽きちゃった組(笑)






こちらは5頭くらい一緒に入っていたのですが、甘ったれさんがママさんを目で追いかけて「ピーピー」とずっと鳴いていました(笑)












こちらも飽きちゃった組?





ショーが一通り終わったリンクでは子供たちが原っぱ遊び(笑)






でも彼らはあとで活躍するんですよ~。










おやすみ組






さて、この日はとてもいいお天気だったんですが、その日差しの強さたるや衝撃的でした。





午前中はまだよかったのですが、午後になると日差しが突き刺してくるんです。




わたしは長袖のカットソーに薄手のカーディガンのようなものをはおり、下はGパンでした。


それでも日差しの当たる側は痛いんです。


ビシビシ容赦なく突き刺されてみんなで「痛い痛い」と愚痴っていました(笑)

あ、日陰は寒いくらい涼しかったですよ



「殺人光線」と名付けました(笑)



わたしたち日本人は日焼け止めをバッチリ塗り、日向は避けたいね~、なんて言っていたのですが、ヨーロッパの方々は何かが違いますね。


あの「殺人光線」の中、全然おかまいなしで日向でエンジョイ♪って感じで。



みるみる真っ赤になっていくのを目撃してしまいました…
ショーが終わる頃にはみんな真っ赤っか!







足まで…






犬たちは林の木陰かテントの中で快適にしていましたよ。



テントは人のためではなくて、犬のための日よけだったのよね…(笑)












まだ続く…



↓ポチッとお願いします
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シベリアンハスキーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ
にほんブログ村

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://roheryn.blog59.fc2.com/tb.php/681-45ac83cd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。