2010.02.04.18:21
特別なお友達
日曜日に遊びに来てくれた白いボクサーのリーベンくん…














ちび太の姪っ子であるこはるを上手に遊ばせてくれました。










でもその様子を見ててわたしは気付いてしまったのです。











遊んで喉が渇いたリーベンくん、庭にある水道へ行きます。






こはるもついていきます。






胃捻転が怖いので、もちろん水はあげませんが、それでも「もしかしたら出てくるかも」という淡い希望を抱いて蛇口をぺろぺろするリーベンくん。





水場で









こはるも喉が渇いているので一緒にくっついて横からペロペロしようとします。







するとリーベンくん




「ガウッ」





とこはるを一喝。









水道から離れないリーベンくん




ビビリのこはるは以後、水を求めるリーベンくんのそばには近寄らず…











あれ?



でもちび太はOKだったよね。










リーベンくんは一緒に暮らしているふーちゃん(ミニピン)にも水飲みの共有はおろか、おもちゃも貸してあげないそうですし、ご飯の横取りなんてもってのほか! なんだそうです。







リーベンくんとちび太






でもちび太には何でも許していたんだよね~。







しつこくしても、上に乗っても、水を一緒に飲んでも、ご飯を同じ器で食べても、おもちゃを共有しても


何をやってもOK





なんでも許していたんだよね。

ちび太に対して「ガウッ」と言ったのはおトイレ中にガブガブした時だけ











やっぱりそれだけ特別な存在だったのでしょうね…。




















…ちと気持ち悪い(笑)







うーん…でもこれはこれでちょっと気持ち悪い絵ではあるんだけどね(笑)





今が正常な感じで、今までが変だったのかもね~…















↓ポチッとお願いします
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シベリアンハスキーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 超大型犬へ
にほんブログ村









管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://roheryn.blog59.fc2.com/tb.php/613-cba7e9e9