--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.06.07.23:55
華麗なる水原華城 韓国旅行 その3
今日は日本からネットで予約していたオプショナルツアーの日。




やはり異国へ来たからには世界遺産を見たいわけだ。

台湾の時は世界遺産ではなく、故宮博物院へ行ったし、フランスではモンサンミッシェルやベルサイユ宮殿、ルーヴル美術館なども行った。そうそう、グリニッジへも行ったっけねぇ。





限られた日数の中でしかも知らない土地で効率よく回るには…ということでツアーに参加したのだ。
楽だしね。


今回利用させていただいたのはソウルツアーさんのツアーで、一日かけて水原華城、宗廟、昌徳宮の三つを回るもの。

お昼つき♪








ツアーの用意した車に乗って、出発!





ガイドさんのお話だと昨日は祝日で、しかも前大統領の追悼式があったとかで高速道路がすごく渋滞したそうだ。



えー、今日もそれだと困る…待ち合わせもあるし、夜はホテルのエステを予約してあるし…


と、思っていたら

「今日は普通の日曜日なので昨日のような渋滞はないと思いますよ」

とのこと。


よかった。




まずは高速道路に乗って水原華城(スウォンファソン)へ。

ここは1793年に築城が開始された大きな近代的なお城。
ここに首都を移すつもりだったらしい(重臣の反対にあってできなかったそうだ)…。







蒼龍門




まず案内されたのは広大な城の東にある門。

韓国も日本や中国と同じく、都などを造る時は
「東に青竜、西に白虎、南に朱雀、北に玄武」
という古代中国の思想が深く根付いている。
京都もも東京(江戸)もその考えに基づいて作られているそうだよ~ん
だから東の門は「蒼龍門(チャンニョンムン)」というのだそう。


天井には見事な竜が描かれていたよ。




華麗な装飾


門の上の櫓には華麗な装飾が。


この門、実は朝鮮戦争の時に焼けてしまったのだそう。
でもちゃんと当時のまま忠実に復元された。



どうしてできたのか?


工事の記録



これは門に刻まれた工事の記録。


ここは城が世界遺産だけど、城を造営するにあたって工程や日数、動員された人の数などを細かく記録した書物が残っていたから。
これは当時としては画期的なものだったそうだ。

もちろんそちらの書物も世界遺産に指定されているそうだ。


だから昔のままに再現できたのだね~。





さて、門の見学を終えて城壁をてくてく歩く。


このツアー、たくさん歩くのでけっこう大変なのよ、とガイドさん…


うー…あー…





次に着いたのは…


東北空心墩


望楼…。

トンブツコムシンドンという(実は字がない…)

中が空洞なので「空心」ってわけよ。


で、中へ。




中は暗くって狭くって(汗)

頭ぶつけました…




痛かったです…




この出入り口で頭をぶつけました…。






眺めはなかなか良いで~す




眺めは良かったんですけどね(苦笑)









さて気を取り直してさらに歩きます。





まだまだ歩く…




敵から身を守るお城なんで、城壁はアップダウンが激しい!




ビルケンしか履けない今のわたしには急な坂道はちと辛い…(踵がないから脱げる)




このお城、造営した王が亡くなったあとは荒れるまかせ、城の内部に市街地ができてしまったそうで。







なのでこんな光景も…

高校なんかもあります



元気な高校生たちが部活動をしていたよ~。




日本の城郭ではまずありえない光景だったわ~。





さらに歩いて数ある角楼の中で一番華麗といわれた「訪花随柳亭(バンファスリュジョン)」へ。
字面からして華麗…





ここの壁が華麗なんだそう。


訪花随柳亭の壁





近くで見るとただ単に十字の模様が入っているだけなんだけど…








遠くから見ると…


きらきら見える



十字の白っぽい石が光を反射してキラキラして見える…というわけ。









中の楼の中に入ると…


池を眺めながら…




池など見えて風流な感じ。



でもね…この足の主…





韓国人の男性なんだけど…


観光客なんて眼中にないらしい



誰が来ようがおかまいなしで大きな声で延々電話(爆)


後ろで人がウジャウジャ、うろうろしていても気にならないらしい。


ある意味、すごい(笑)




監視中



監視中の札。

あちこちで見たなあ。









最後は…


虹ってわけです



「華虹門(ファホンムン)」という門。


下に水門があってそれが7つだから「虹」

実際に虹がかかることもあるそうな。


今日はなかったけどね~。







これで見学は終わり。



でもこんなのは実はほんの一部。



ほんの一部だったわけよ




まだまだ城壁は続いて、城はまだまだ広大だったわ~。

ちなみに東京ドーム約28個分だそう…。マジですか?











旧市街





わたしたちは次があるので、ソウルへ戻る。








さらばじゃー









…続く。










↓ポチッとお願いします
にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ シベリアンハスキーへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 珍しい犬へ
にほんブログ村

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://roheryn.blog59.fc2.com/tb.php/489-9170b2ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。