--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.05.30.20:41
どんどん増える…恐怖?(笑)
先週の水曜日のこと。

わたしは母と母のお友達とともにミュージカルを観に行った。場所は浜松町。新宿でお昼を食べていたら開演時間ギリギリになってしまい、駅から劇場まで小走り状態だった。
劇場まであと少し…という所でわたしの目に飛び込んできたのは帆船のマスト!! あ゛ー、あれはなんだぁ~??

…ミュージカルは非常に面白かった。でも目の前にはあの大きなマストがチラチラ。帰りにどんな船なのか(ネットで調べたら海王丸だったようだ…)見て帰ろうと思ったが、先週の夕方はスゴイ夕立でそれどころではなかった。劇場を出たらガラガラピカピカ。残念ながらもう一度マストを振り返って見るぐらいしかできなかった。

海洋小説は順調に増殖し続けている(笑)。
読むものがなくなりつつあると落ち着かなくなる。なんだか依存状態みたい(苦笑)。面白い本というのは恐ろしいほどの魔力があるよね~。

↓前回、撮影したときより増えた…
どかーん


今はセシル・スコット・フォレスターの「ホーンブロワー」シリーズを読んでいる。面白い~。

↓これね
勇者の帰還 勇者の帰還
セシル・スコット・フォレスター (1975/08)
早川書房

この商品の詳細を見る


イギリスでTVドラマ化されて日本でもDVDが売られている。数年前には衛星で放映されたらしい。
それを先日どーんと購入した(苦笑)

↓どーん
どーん


少し見たけど、面白い。原作と違う展開の時もあるけど、テレビドラマだしね。船の上なのに画面がちっとも揺れないとか大砲の音がイマイチだとか歓声が薄っぺらに聞こえるとか、気になるところは目をつぶって…。


まだ序盤なのでこれからが楽しみ♪

来月末には「ジャック・オーブリー&スティーヴン・マチュリン」のシリーズの最新刊が出版の予定。ふふふ、楽しみ。個人的には前者よりこちらの方が好き。映画の影響もあるかもしれないけど…。
実はこちらの方は料理がたくさん出てくる。どれもとてもおいしそうに読める。レシピ本もあるそうだ。実際出てきたら食べられるかどうかは話は別だけど(苦笑)。わたしの大好きな池波正太郎の小説にもおいしそうな料理はたくさん出てくるし。

↓コレの続きね。
ボストン沖、決死の脱出行 (上) ボストン沖、決死の脱出行 (上)
パトリック・オブライアン (2005/09/22)
早川書房

この商品の詳細を見る
ボストン沖、決死の脱出行 (下) ボストン沖、決死の脱出行 (下)
パトリック・オブライアン (2005/09/22)
早川書房

この商品の詳細を見る



…やはりおいしいものにも魔力はあるんだな(苦笑)。

あとの問題はスペースの問題だな~。

ずら~~


ずらずらずら~


すでに文庫本のスペースはこの有様…。
友達に「そのあたりの本屋よりも早川文庫がそろっている本棚」と言われているし(苦笑)。

あ~、早く新刊でないかな~

管理者だけに観覧

TrackBackURL
→http://roheryn.blog59.fc2.com/tb.php/39-2d10492a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。