--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015.01.17.19:00
里山民家のあるコースへ @六道山公園
年末のお休みに行った六道山公園。



ハイキングコースも駐車場も何か所もあるのですが、今回は「里山民家」のある場所からスタートしました。



北風が強く吹いて、空も曇りがちで寒かったです…。





駐車場からすぐにハイキングコースに入り、ずんずん登っていきました…が、こちらは前回と違って上り坂もとってもゆる~いのです。

ちょっと物足りない感じでした。


でも尾根まで登ると道がひろーくなって、犬連れの人、トレイルランをしている人、マウンテンバイクで走る人、お散歩する人などなどけっこう人とすれ違いました。





いきなり休憩場所(苦笑)



瑞穂町や米軍基地を一望できる展望台のある場所まで写真を撮らなかったので、ここから…(苦笑)




ここは斜面に芝生を植えてあって、とっても広いです。


実はたま子が1-2歳の頃、ゲンと一緒に来たことがありました。

その時も真冬で、とっても寒い中をロングリードでたま子を走らせた記憶があります。




でも今日はここのベンチで休憩~♪



休憩ちう。





今回はちゃんと持ってきた水筒の水を飲み、シリアル入りのクッキーバーを食べました(お昼近かったので)。





向こうが気になる?




こはるとはづきにはオヤツを。




展望台のある場所だけあって、風がボボボボーッと強くてオヤツの入っていた入れ物がぶっ飛びそうになって焦りました(笑)





あの奥を行きます




さて、案内板で見たあの奥の道を歩いていきます。




ここから下って行くと車を停めた里山民家のある場所に戻るはずです。







15分ほどで急に景色が変わって…


田んぼ




田んぼが出てきました。


バードウォッチングをしている人もいました。

何か珍しい鳥でもいるのかな?と思っていたら、母に「あそこに綺麗な見たことのない鳥がいる、あれは何?」と聞かれました。


双眼鏡もない、近眼&乱視のしょぼい目でじーっっと見て…たぶんルリビタキじゃないかなー…と。
実物を見たことがなかったので、自信がなかった…


あとで自宅の図鑑で調べたらルリビタキでした。こんな所で見られるとは思わなかったけど…そういえば狭山丘陵にはオオタカもいるんだもんね。
ちなみにオオタカはカラスに追われている姿を所沢側で見たことがあります。






冬なので田んぼには水はありませんが、用水路には水が流れていて…


用水路の水に興味津々



こはるは水に興味津々。


以前も巾着田の用水路にドボンしたり、大内宿の用水路に入ろうとしてわたしに止められたりした前科があるので母も「ダメー!」と踏ん張っていました。




でもこの後、水路脇の茂みに野生動物の気配でもあったのか、枯れた藪に顔を突っ込んだまま出てこなくなっちゃいました…。恐らく野ネズミ。
無理矢理引っこ抜いたら顔に泥が点々と…(泣)





とにかく無事に里山民家まで戻ってこれたので、ついでに見学もしていきました。






立派な門構え


立派な門構え~。



自宅の近所には名主?の古い民家があります(市の文化財で公開している)。
近所の民家の方が規模は大きいけれど、門はないのよね。





民家の前で



この里山民家、移築とかではなくて新築したものだそう。







内部は見学できます。


ぶっとい梁!


このぶっとい梁はどっかの古民家から持ってきたのかなあ。

しっかり煤もついているしね~。






15日は「小正月」だったので、繭玉がありました。


大きな繭玉


小型の繭玉は見たことがあったけれど、こんなに大きいのは初めてかも~。

手前には囲炉裏が切ってあって、ちらちらと火が見えました。
薪の萌える匂いがたまんなかったー!!(笑)





かまどと背負子



土間にはもちろんかまどが。

でもここのかまどは使われた形跡がなかったねー。
お釜でご飯を炊くととってもおいしいんだけどね。


ちなみにえびす講(初えびす)ってことで、お赤飯のおむすびとけんちん汁までいただいちゃいました~。
ごちそうさまでした~。



ハイキングで軽く運動しただけでもよかったのに、お赤飯とけんちん汁までいただいちゃって大満足のお散歩でした。




次は武蔵村山の方のコースにしようかな~。






↓ポチッとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ シベリアンハスキーへ
にほんブログ村

管理者だけに観覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。