--.--.--.--:--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.11.20.23:04
さようなら、白い恋人くん。
イケメン!






ちび太の「白い恋人」、こはるの「白いおにいさん」だったリーベンくん。




11月20日に虹の橋を渡っていきました。





9月に血管肉腫と診断され、なんとかお正月までは…とがんばっていたのですが、病に勝てず…




9歳でした。






わたしと母はその日のうちにリーベンくんのお家にうかがって、最後のお別れをしてきました。



苦しかったろう、痛かったろうに泣き言ひとつ言わずに旅立ったそうです。


「チャラ男」だったちび太と違い「アニキ」だったリーベンくんらしい旅立ちでした…。




なつかしい思い出の画像を…




3バカと言われていたね~




行きつけのドッグカフェ「龍神茶屋」で多い時は週2とか週3で遊んでいたっけね。



サンちゃんと三匹で「3バカ」と呼ばれ、サンちゃんがナンバー3のバカで、じゃあトップはどっちだ!?っていつも笑っていたっけ。




結局、勝負つかなかったけど(笑)





怪しいドリカム状態



サンちゃん、リーベンくん、ちび太、年齢も近く比較的みんな若かったせいか仲良く遊んでいたね。





毎回、お互いに砂だらけ





毎回、ドッグランの砂が体中に入り込んで真っ黒だったっけ。





他の子たちが一緒でもみんなでわいわい遊んで。

対照的な右と左

右から早くカフェに入りたいjujuぽんとしゅなくん(M・シュナウザー)、自分ちの庭のごとく寛ぐちび太とリーベンくん(笑)






それはそれは楽しそうに遊んでいたけど…5年前にちび太が突然亡くなってからは…














10月25日にこはるとともに会いに行きました。



手術の後だったけど、リーベン家の希望で一緒に写真を撮りましょうってことで。




手術の後




まだ手術の跡が痛々しかったけど、わたしたちを歓迎してくれました。





こはると


なぜかこはるは「塩対応」だったけど…



一緒に暴れられるよりは良かったかも。






たくさんの楽しい思い出を残して行ってくれたリーベンくん。



いなくなってしまうのはさびしいけど、きっと虹の橋の向こうでちび太と再会して、また延々一緒に遊んでいるよね。



で、きっとみんなに迷惑がられているよね~ってリーベン家と笑って話したのでした。

絶対たま子とゲンは怒っているよ(笑)








またね!




リーベンくん、たくさんの思い出と笑いをありがとう。



またね!






↓ポチッとお願いします
にほんブログ村 犬ブログ シベリアンハスキーへ
にほんブログ村

管理者だけに観覧

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。